血液検査で糖尿病の数値がかなり悪かった

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Takuyaです。

先日、健康診断で血液検査をしてもらったのですが、健康診断の翌日に電話がかかってきて、

先生のアイコン画像先生

血液検査の結果が出て、糖尿病の状態をみるヘモグロビンA1c(HbA1c)の値がかなり悪かった(11%以上)ので、お近くの医院で受診してください。

Takuyaのアイコン画像Takuya

は、はい。。。

糖尿病の数値が悪いと指摘されたことは今まで無かったので、けっこうショックでしたが、後悔しても良くはならないので、これからどうするかが大事です。

改善するしかないです。

せっかくブログを書いているので、何をして、どう変わったか、記録していきたいと思います。

まずは現状確認です。

目次

健康診断の結果

まずは健康診断の結果です。

悪かった項目だけを挙げます。

尿検査

尿検査の結果は「糖」の項目が「4+」という結果でした。

調べていると、「5+」以上な無く、「4+」が最大なので、相当悪い数値と思われます。

尿から糖が出るほど糖分を摂りすぎていたのでしょうか。。。

その他には、「比重」という項目が「1.037」でした。

正常値は 1.005 〜 1.030 のようなので、高い値になっています。

糖尿病だったり、脱水症などの場合に高くなる値のようです。

「糖」と「比重」以外の項目は問題なしでした。

血液検査

次は血液検査の結果です。

検査項目測定値基準値と比較して
赤血球数576 (×10^4/μL)やや高い
クレアチニン0.60 (mg/dL)やや低い
中性脂肪222 (mg/dL)高い
AST(GOT)45 (U/L)やや高い
ALT(GPT)137 (U/L)高い
γ-GT161 (U/L)やや高い
血糖219 (mg/dL)高い
HbA1c(NGSP)11.3 (%)高い
血液検査 基準値から外れた項目とその結果

多いですね。。。

基準値と比較して「高い」と判断された4項目を見ていきます。

中性脂肪

これは分かりやすい項目ですね。

糖質も脂質も抑えないといけない感じでしょうか。。。

ALT(GPT)

ALT(GPT)は肝細胞のようです。AST(GPT)も肝細胞。

肝臓に障害が起こって肝細胞が壊れると、血液中に流れる量が増え、値が上がるようです。

血糖

血糖値ですね。

血液中のブドウ糖のことを血糖と呼びます。

126 mg/dL 以上が要検診らしいので、219 mg/dL はかなり悪い数値ですね。

HbA1c(NGSP)

最後は HbA1c です。ヘモグロビンエーワンシーと読みます。

ヘモグロビンは赤血球の中にある赤い色素のタンパク質で、酸素を全身に運び、二酸化炭素を回収する、という働きをするそうです。このヘモグロビン、血液中のブドウ糖が多い状態だと、糖と結合し、糖化ヘモグロビンに変わるそうです。この糖化ヘモグロビンが HbA1c。HbA1c を測定することで、1〜2ヶ月の平均的な血糖値が分かるようです。

6.5%以上だと糖尿病が強く疑われるようですので、11.3%はかなりヤバそうですね。。。

血圧

血圧も高かったです。

142/100でした。

毎日の血圧測定と塩分を控えるように指示されましたが、糖質、脂質に加え、塩分も控えると、何を食べればいいのやら。。。

これからどうするか?

さぁ、どうしましょう。。。

とりあえず、内科を受診するように指示されたので、健康診断の結果を持って、内科で診てもらおうと思っています。

あとは、食事は糖質を制限します。脂質、塩分は摂りすぎないようには気をつけたいですが、まずは糖質を制限することを優先したいと思います。

それと運動ですね。

普段、ほとんど運動はしていません。

通勤も車、仕事もほぼずっと座っているので、1日1000歩も動いていないかもしれません。これは改善したほうが良さそうですよね。

  • 内科を受診
  • 糖質を制限
  • 運動する

この3本立てでいきたいと思います。

Takuyaのアイコン画像Takuya

がんばります!!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる