【Python】if 文による条件分岐

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Takuya です。

今回は Python の if 文です。

for 文と同じくプログラミングでは定番の条件分岐の構文ですね。

Pythonにおけるif 文の基本的な書き方、具体的な使い方の例をいくつか見ていきます。

目次

if 文の書式

Python におけるif 文の書き方は次のようになります。

if 条件式1:
    処理1
elif 条件式2:
    処理2
elif 条件式3:
    処理3
else:
    処理4

上記の場合、どう処理されるのかを見ていきます。

STEP
条件式1の真偽を判定

まず最初に条件式1の真偽(True、False)が判定されます。
条件式1が真(True)の場合、処理1が実行され、処理2〜4は実行されずに飛ばされます。
条件式1が偽(False)の場合、処理1は飛ばされ、条件式2の判定に進みます。

STEP
条件式1が偽の場合、条件式2の真偽を判定

条件式1が偽(False)だった場合、条件式2の真偽が判定されます。
条件式2が真(True)の場合、処理2が実行され、処理3〜4は実行されずに飛ばされます。
条件式2が偽(False)の場合、処理2は飛ばされ、条件式3の判定に進みます。

STEP
条件式1と2が偽の場合、条件式3の真偽を判定

条件式1と2が偽(False)だった場合、条件式3の真偽が判定されます。
条件式3が真(True)の場合、処理3が実行され、処理4は実行されずに飛ばされます。
条件式3が偽(False)の場合、つまりはこの場合、条件式1〜3が全て偽(False)の場合処理3は飛ばされ、処理4が実行されます。

elif はいくつでも書くことができます。

また、elifelseは省略することもできます。

if 文の具体的な書き方

続いて、具体的なif文の書き方を見ていきます。

num = 11

if num < 10:
    print('num は 10未満です。')

elif num > 10:
    print('num は 10より大きいです。')

else:
    print('num は10です。')
str = 'xyz'

if str == 'abc':
    print('str は abc です。')

elif str == 'def':
    print('str は def です。')

elif str == 'ghi':
    print('str は ghi です。')

else:
    print('str は abc、def、ghi 以外です。')

確認環境

本記事に掲載しているコードは Google Colaboratory で動作を確認しています。

下記からアクセスして、ご自身のGoogleドライブにコピーしていただければ、すぐに実行できます。

まとめ

今回は Python におけるif文について、

  • if文の書式
  • if文の具体的な書き方

をご紹介しました。

以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる